安定期に治療する

身体の状態を伝えよう

事前に、妊娠していると医師に伝えましょう。
その時に妊娠して何週目なのか、出産する予定日はいつなのか説明してください。
すると医師は、安定期に入った頃に治療を進めてくれます。
妊娠5か月から7か月までを安定期と言い、この時期は流産する可能性が最も少ない安全な時期になります。

つわりがひどいかもしれませんが、病気を避けるために毎日丁寧に歯を磨いてください。
医師に相談すると正しい歯の磨き方や、おすすめのマウスウォッシュなどを教えてくれます。
妊娠中は、歯ブラシの他にそのような道具を使うと良いですね。
またフッ素が含まれている歯磨き粉やマウスウォッシュを使うと、口内をコーティングできます。
すると汚れがつきにくくなり、虫歯予防に繋がるでしょう。

信頼できる医師を探そう

こまめに定期検診に行くことが、気分転換になります。
さらに医師と会話をすると、ストレス削減に効果を発揮できるかもしれません。
そのために、信頼できる医師がいる歯医者を選んでください。
妊娠中に口内で困っていることがあれば、何でも相談しましょう。
特に妊娠すると女性ホルモンの影響で、歯茎が腫れる場合があります。

気になったら医師に相談し、正しいブラッシングの方法を聞いてください。
この時は通常と状態が大きく異なるので、普段通りのブラッシングでは汚れを綺麗に落とせませんし、歯茎にダメージを与えます。
放置すると歯周病になるので、早めの対策が必要です。
こまめに口内をチェックしてもらえるよう、1か月に1回のペースで訪れましょう。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る